【お知らせ】2018年7月より、一部の施術の料金改正を致します。

平素 渋谷の森クリニックをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます
2018年7月より、一部の施術の料金改正を致します。
値上げしたメニューに関しましては、材料費高騰や輸入税高騰などの影響を受けまして、出来る限り価格の維持に努めてまいりましたが、現状維持をご提供していくことが困難な状況となってしまいました
改定対象施術 料金
アートメイク 眉 3D施術 通常価格 +¥5,000
アートメイク 眉 4D施術 通常価格 +¥10,000
*価格については全て税別の料金表記となります。
患者様方には、ご迷惑とご負担をおかけいたしますが、何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧のほどを賜わりますよう、よろしくお願い致します。

【お知らせ】市民公開講座で講演をしてきました

今日は母校の市民公開講座で講演をしてきました。

 

 

私らしい生き方〜乳房再建という選択〜というテーマでお話させていただきました。

 

 

朝まで雨の降っている不安定な天気の中、多くの方にお越し頂き、感謝です。

 

公演後も多くの方に直接質問を頂き、乳房再建への関心の高さを感じました。

 

 

もちろん医療アートメイクについても、施術のビデオを用いて、ご紹介させていただきました。

 

 

痛そう、なんとなく恐い、など漠然とした不安を抱えていた方もいらして、施術の様子を見て解消されたようでした。

 

 

さて、月末にもう1つ講演が控えているので、次はその準備です。

 

では、また。

【お知らせ】日本美容外科学会

札幌に来ています。

 

涼しくて過ごしやすい。冬に入る直前といった感じでしょうか。

 

 

さて、今回は「アートメイクのMRI検査における安全性」というテーマの発表です。長年やってきた動物実験の集大成ですね。

 

 

母校の実験室には9.4Tという非常に強い磁場のMRI装置があります。日本でもトップクラスのスペックのようです。そんな素晴らしい装置が身近にあってラッキーです。

 

 

ちなみに臨床で用いられているMRI装置は1.5Tか3.0Tです。

 

 

さて、このMRI装置を使って、マウスに様々な種類の色素を刺青し、その後MRI検査を行って行きます。しかも25回の連続検査。その際の刺青部の温度変化を計測しました。もちろんマウスは全身麻酔を施しています。

 

 

結果は・・・

 

 

黒い色素(酸化鉄とカーボンブラック)でやや温度上昇を認めましたが、それでもわずか0.4℃。厚生労働省の定めているMRI検査に伴う温度制限が全身で1℃であることから、0.4℃の温度上昇は許容範囲内といえます。

 

 

ただこの発熱は、色素の種類以上に、刺青の形状が影響すると考えています。今回の実験では乳輪乳頭部を想定した研究なので円形の刺青で検証しましたが、実はループ状だと熱傷のリスクが上がるので、今後の検討課題としたいと思います。

 

 

では、おいしいお寿司でも食べて帰ります!

【お知らせ】日韓医療アートメイク術 ライブ講習会に参加してきました

こんにちは。

冨田です。9/3、専属看護師の斉藤とともに、JAASの主催する日韓医療アートメイク術 ライブ講習会に参加してきました。

 

Seo Young-Sinインストラクターによる、デザインの基本やゴムシートを用いたデモンストレーションを見学してきました。

 

参加人数が多く、アートメイクの注目度を実感した反面、マシンを使ったハンズオンや、実際の施術を見ることが出来なかったのは残念でした。

 

アートメイクメディカルセンターで、医療従事者向けに行っているスクーリングと内容がoverlapする部分も多くありましたが、それでも、デザインの基本やコンセプトを改めて学べたことは大変勉強になりました。

 

このような講習会は、毎回新しい発見があるので、今後も参加したいと思います!

 

医療アートメイク

 

【お知らせ】日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会②

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会では「乳輪乳頭部へのパラメディカルピグメンテーション後のMRI検査に関する共同研究」というお題で発表させていただきました。共同研究につきあって頂いた先生方に感謝です。

 

 

さて、世間的には、刺青・アートメイクがある方はMRI検査が出来ません。

MRI検査によって、刺青・アートメイク部が発熱、やけどを起こすことがあるためです。

 

 

しかし、乳癌患者さんは、乳輪乳頭部へのパラメディカルピグメンテーション(医療アートメイク)を受けたあと、定期的にMRI検査を受ける場合があります。シリコンインプラントのチェックとか、転移のチェックとか・・・

 

 

自分で色を入れておいて、MRI検査出来ませんって、そんな無責任なことは出来ないので、そこはきちんと研究です。

 

 

これまで、基礎研究、動物研究を重ねてMRI検査時の発熱のリスクは軽微であることを検証してきました。今回の共同研究は乳癌患者さんが、乳輪乳頭部へのパラメディカルピグメンテーション(医療アートメイク)を受けた後、MRI検査を行った際の合併症(トラブル)を調査したものです。

 

結論としては・・・

 

合併症はありませんでした。乳癌術後は皮膚の知覚がやや鈍くなっているため、わずかな熱を感じにくいかもしれませんが、少なくとも誰1人やけどを起こすことはありませんでした。

 

 

これだけでは100%安全だと言えるものではないのですが、現状を報告させていただいた感じです。

 

 

 

 

さて、来週には札幌で日本美容外科学会が控えています。

 

また準備をしないと・・・

 

 

では。

【お知らせ】日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会①

本日は、第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会で発表をしてきました。

 

聞き慣れない、長い名前の学会ですよね?

 

 

 

学会の主旨は、「乳腺外科と形成外科の連携により乳癌治療における根治性と整容性を両立させ、乳癌及び乳腺疾患の患者の健康と福祉に貢献することを目的とする。」とされています。

 

 

 

とにかく、乳癌をしっかりと、しかもきれいに治そうという学会です。

 

 

 

 

 

今回の学会では2題、発表させていただきました。

 

その1つが「乳輪乳頭部へのパラメディカルピグメンテーション後のMRI検査に関する共同研究」です。

 

近年海外ではアートメイクの医療応用を通常の眉やアイラインへのアートメイクと差別化するため、paramedical pigmentationなんて呼ばれています。

 

これを某病院と共同研究をさせて頂きました。

 

 

 

発表の前は、少しだけ緊張(といっても身が引き締まる程度ですが)、あとはどんな質問がフロアから来るかが楽しみで少しワクワクです。実はフロアからの質問には次の研究につながるアイディアが隠れていることが多いんです。貴重なアドバイスなんです。

 

 

 

 

 

実際の発表内容については次回お話ししましょう。

 

では。

【お知らせ】新しい外来がオープンします。

アートメイクメディカルセンターにて

新しい外来がオープンします。

 

新外来

 

〈色素形成外来〉

 

~外来スケジュール~

毎週 金曜日 森医師、冨田医師

第2,4 土曜日 塩崎医師

第3 日曜日 冨田医師

【お知らせ】第7回KSHS 全国大会へ参加してまいりました

本日は、第7回KSHS 全国大会へ参加してまいりました。

 

 

渋谷の森クリニックからは、森院長、冨田先生が駆けつけておりました。

 

 

ハンドマッサージをしながら、患者さんとお話ししたり、沢山のご質問を頂きました。

 

 

患者様と先生方の距離感が近く、アットホームで温かい会に参加出来た事、とても光栄に思います。

 

 

本当にありがとうございました!

 

【お知らせ】関西学院大学 総合政策学部 メディア情報学科の学生が取材に来てくれました

先日、関西学院大学 総合政策学部 メディア情報学科 の学生さん6名が、渋谷の森クリニックへ取材に来てくれました。
授業の一環で、「メディカル・アラート」を取り上げて動画を作成しているそうです。

 

アートメイクに関する取材

 

ちなみに、みなさんは「メディカル・アラート」ってご存知ですか?

メディカル(医療)・アラート(警告)とは、周囲に自分の事を知ってもらうための医療補助アートメイクです。

まだ、日本では一般的ではないメディカル・アラート。

詳しくは学生さんの動画で森院長より語られておりますので。
乞うご期待下さい。

学生のみなさん、遠いところからお疲れ様でした。

【セミナー実施】色素形成(パラメディカルピグメンメーション)講習を開催しました

おはようございます。

 

渋谷の森クリニック看護師の斎藤です。

 

昨日は乳房再建後、乳輪への色素形成(パラメディカルピグメンメーション)の講習にてたくさんの先生方にご来院頂きました。

 

市立四日市病院より、梶原先生

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターより、武藤先生
日本医科大学武蔵小杉病院より、青木先生
横浜旭中央総合病院より、平田先生がいらっしゃいました。

 

また、佐武先生も見学にいらっしゃっておりとても活気のある1Day講習となりました。
お忙しい中ありがとうございます。

講師陣は、学校長の赤羽根がシート練習を担当し。
森院長、冨田先生にもアドバイスを頂きました。

先生方は、シート練習も熱中され、講習が終わる頃にはバストシートに完璧な乳房を仕上げられておりました。

 

学校長の赤羽根が、目の前でシートに色を入れると
「こんな方法があったんだ」
「なるほどー」
と、ビデオを回しておりました。

 

また、冨田先生による施術見学では、色素の選択方法や、施術のコツなど、様々な質問が飛び交っておりました。

 

ご協力頂きました患者様、ありがとうございます。

【卒後サポート】重麻梨子先生がパラメディカルピグメンメーションの卒後サポートにてご来院されました。

看護師の斎藤です。

 

昨日は、京都のしげまりこ皮膚科クリニックより重麻梨子先生がパラメディカルピグメンメーションの卒後サポートにてご来院されました。

 

冨田先生の乳輪への色素形成を見学したり。
学校長の赤羽根先生にもたくさん質問を頂きました。

 

医療アートメイク

本当に素敵な先生で、熱心に勉強されているお姿に、感銘を受けました。

 

ご遠方よりありがとうございます!

【お知らせ】韓国健康美容国際オリンピック大会 2016に参加して来ました〜後編〜

こんにちは。
渋谷の森クリニック・BioTouch Japan 専属看護師 山崎です。

先日、韓国ソウル市にあるCOEXで行われた
Korea International Human Olympic 2016 ~ 韓国健康美容国際オリンピック大会 2016 ~ に参加して来ました。
韓国、中国、ベトナム等、世界各国から選手が集まり、美容技術を競う国際大会です。
アイラッシュ、ネイル、かっさ、エステ、ヘアメイク、ブライダルメイク、ヘルス&セラピーなど様々な部門があり、
私はアートメイク部門に日本代表として出場しました。

いよいよ大会当日…!! 大会前夜もホテルで練習し、本番に備えました。
今回のアートメイク部門参加人数は約300名。韓国・中国を中心に世界各国からたくさんの人が集まっていました。

本番開始。デザイン性、衛生面、制限時間等、様々なことを意識しながら40分…
緊張と寒さで手がかじかみ震えてしまったり、マシーンは途中で止まってしまうハプニングが起きたり…
予想外の出来事に驚きましたが、「練習通り練習通り」と何度も頭の中で繰り返し、なんとか時間内にマネキンを仕上げることが出来ました。
グラデーションと3Dどちらの技術も用いたマネキンを完成させるため、時間との闘いでしたが、まずは時間内に仕上げることが出来てホッとしたことを覚えています。

大会が終わり、いよいよ結果発表。
受賞式まで数時間あったので不安と緊張で生きた心地がしない数時間でしたが、なんと!!!グランプリを頂くことが出来ました!!!

まさか自分がグランプリを頂けるなんて思ってもいなかったので、嬉しさと驚きで言葉が出ませんでした。
後から自分のマネキンを見返すと、もっとここをこうすれば綺麗に見えたのに、など反省点もありますが、このような結果を頂けて本当に嬉しかったです。
3D+グラデーション技術は本当に難しかったですが、結果を出せて本当に良かったです。

今回このような国際大会に出場、受賞することが出来、貴重な経験をさせていただきました。
この結果に満足することなく、今後も技術向上に努め、たくさんの患者様に綺麗なアートメイクを提供させていただければと思っております。

【お知らせ】韓国健康美容国際オリンピック大会 2016に参加して来ました〜前編〜

こんにちは。

渋谷の森クリニック・BioTouch Japan 専属看護師 山崎です。

先日、韓国ソウル市にあるCOEXで行われた
Korea International Human Olympic 2016 韓国健康美容国際オリンピック大会 2016 に参加して来ました。

韓国、中国、ベトナム等、世界各国から選手が集まり、
美容技術を競う国際大会です。アイラッシュ、ネイル、かっさ、エステ、ヘアメイク、ブライダルメイク、ヘルス&セラピーなど様々な部門があり、
私はアートメイク部門に日本代表として出場しました。

アートメイク部門は、制限時間40分以内にマネキンに眉を仕上げます。
以下の項目が審査基準・ポイントでした。

・準備状態
・衛生面
・デザイン性
・専門性
・完成度と仕上げ
・時間内に仕上がること
・左右対称であること
・美しい仕上がり
・トレンド性

眉のアートメイクはグラデーションというお化粧したような状態に
仕上げる方法と、3Dという毛並みのように仕上げる方法があります。
日本では、グラデーションでお化粧をした時のように
ナチュラルに仕上げる方法が主流です。
日本人の顔立ちにはグラデーションの方が綺麗に映えます。

一方、世界では3Dで毛並みのように仕上げる方法が主流になりつつあります。
トレンド性も審査基準のポイントになりますので、今回は、
ベースに薄くグラデションを入れて、上から3Dで仕上げる方法で挑みました。

大会前、勤務の合間で練習。 ヒトとマネキンでは感覚がかなり違います。
色ムラも出やすく、色が入りにくいのです。
また、グラデーション技術と3D技術、どちらの技術も応用した仕上がりにするため、限られた時間の中で猛練習しました。去
年大会に出場した看護師斎藤さんも練習に付き合ってくださり、
とても心強かったです。

韓国に到着して、まずは韓国でフェイスリフトやBTXHAが上手だと有名な
IBクリニック」に行き、施術見学をさせて頂きました。
そのことについては、また後日紹介させて頂きます。
また、韓国健康美容国際オリンピック大会の開催に先駆けて行われた前夜祭にも
参加させて頂きました。

ここでは、BioTouch Japan東京本校の森院長が、
パラメディカルピグメンテーションについて発表されました。
韓国・中国ではまだあまり浸透していないパラメディカルピグメンテーション。
主に乳輪アートメイクについて発表されましたが、拍手喝采。
パラメディカルピグメンテーションの技術に皆様驚かれていました。
今回のような活動を通し、今後、乳がん患者様の一助として
パラメディカルピグメンテーションが各国に普及されることを願います。

前夜祭が終わりいよいよ大会当日!気になる結果は!!
また後ほどご紹介します★☆

5月キャンペーンのお知らせ

5月1日より新メニューの登場です。

<眉>

トライアルコース ¥72,000/2回

ベーシックコース ¥90,000/2回

トータルケアコース ¥120,000/3回

※トライアルコースの制約 通院 最大4回 2回施術+仕上がりチェック 1か月ごとに通院 施術箇所の写真提供。

 

夏になると汗でメイクが落ちやすかったり…

これから夏に向けて事前準備はいかがでしょうか?

【お知らせ】無料カウンセリング、相談のご紹介

メイクをがんばる女性に、アートメイク!
日々、仕事や出掛ける際自分の決まったメイク=眉を描かれてる方は多いと思います。

元々左右の高さや太さが違う、、毛が眉尻だけない、、
皆さんお悩みをカバーしたり、憧れの眉に近づけるためにメイクを努力されてますね✨
アートメイクでは、まず、スッピンで 綺麗かつ自然な眉毛に仕上げることができます!!

渋谷の森クリニックのアートメイクでは、施術前に丁寧なカウンセリング、相談を実施しております。
眉であれば、眉の色味や、普段描いてある形、お悩み、お顔が綺麗に見える基本の眉等、その方にあった眉毛を一緒に決めていくことが出来ます。
当院では国家資格を持った看護師が、最低1年以上の専門教育を受け、安心して頂ける材料で治療を行っております。
無料カウンセリングのみでも、ご来院ぜひお待ちしております✨

アートメイクメディカルセンターHPをオープンいたしました

医療アートメイク・医療補助アートメイクの専門HPをオープンいたしました。

BioTouchアートメイクスクールの協力の基、

医療アートメイク・医療補助アートメイクの施術を考えている、お客様・患者様に

安心して当院をお選びいただけるような、情報をお届けできたらと思っております。

今後ともアートメイクメディカルセンターをよろしくお願いいたします。